読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレス発散に効果バツグンなフィットネス5選

f:id:zimak:20170126215511j:plain 出典:CYCLE&STUDIO R 

運動しないといけないとは思いつつも、仕事終わりに重い腰を上げてジムに通うのはなかなかハードルが高いもの。

 辛いだけのトレーニングは嫌だ!

 運動は楽しくなければ意味がない!

 非日常な空間で思いっきりストレス発散したい!

 こういった声も多いと思いますが、今回はそんな人々にオススメなエンターテイメント性に優れたフィットネスを5つご紹介したいと思います。

 

 

1 新感覚VRエクササイズ

CYCLE&STUDIO R Shibuya 

f:id:zimak:20170127122302j:plain

 出典:CYCLE STUDIO R

VR元年と言われた2016年も終わり、遂にフィットネスにVR技術を取り入れた施設が2017年3月19日渋谷にオープンします。

こちらの施設では、部屋の中に複数台設置されたバイクに乗り、音楽に合わせて前方の大画面に映る仮想空間を走り抜けることが出来るようです。

マリオカートで身体が動いちゃう、なんて人はあまりの没入感にバイクから落ちないように気をつけてくださいね。

2017年2月21日に体験会も行なっているようなので、興味がある人はそちらで一足早く体験してみてはいかがでしょうか。

cycle-studio-r.jp

2 暗闇ボクササイズ

b-monster 

f:id:zimak:20170127124245j:plain

出典:b-monster

最近ジワジワと人気が出てきている印象のボクササイズジム。

クラブの様な暗さと大音量の中で集中してサンドバッグを打ちのめせます。

結構暗いので、最初はフォームがうまくとれない初心者でも人目を気にせずに集中できそうですね。

短時間での莫大な消費カロリーがウリのようで、全身を使ったかなりハードなワークアウトが行われます。

インストラクターの方にはダンサーもチラホラ見られ、ノリノリで非日常の世界へと導いてくれるでしょう。

www.b-monster.jp

 3 トランポリンで全身運動

JUMPONE

f:id:zimak:20170127125036j:plain

出典:JUMPONE

1人用のトランポリンを使用し、45分間のワークアウト中ひたすらジャンプし続けます。

音楽にノるという点では数ある運動の中でも非常にノりやすく、規則正しい上下運動による周囲との強い一体感も感じられます。

2017年3月13日には新宿西口に女性専用の店舗がオープンするようです。

こういった話題性のある有酸素系のジムで女性専用の店舗というのは少ないので、より集中してワークアウトに打ち込みたいストイックな女性におススメですね。

もちろん、男性が入会できる店舗も銀座にありますので、これから夏に向けて早めのスタートを切ってみてはいかがでしょう。

www.jumpone.jp 

4 大音量でサイクリング

 FEELCYCLE

f:id:zimak:20170127125657j:plain

出典:FEELCYCLE

最近ではクラブのような演出を施したフィットネス施設をよく見かけるようになりましたが、その火付け役を担った印象が強い施設です。

ここでは、音楽にノリながらグループでのバイクエクササイズを行うことが出来ます。

他の施設と比べて現時点で店舗数が多いのが魅力であり、都内だけでなく地方への展開も進んでいます。

通いやすい場所に入会することも継続の重要なポイントですので、自宅近くの店舗を探してみてはいかがでしょう。

www.feelcycle.com

5 屋内サーフィン

 Surf Fit Japan

f:id:zimak:20170127130121p:plain

出典:Surf Fit Japan

不安定なサーフボードの上で様々なエクササイズを行うことができる女性専用の施設です。

レジスタンストレーニングや有酸素運動、ヨガ、ピラティス等目的に合わせて様々な効果のあるプログラムを提供しております。

単純に汗を流すだけでなく、筋肉をつけたい人やリラックス効果も得たいという人にはオススメです。

店内は南国をイメージしたデザインになっているので、海やリゾートの雰囲気が好きな人にはたまらないと思います。

surffit.jp

 

 今回ご紹介した施設は、どれもここ数年で日本にできている新しいものです。

1つの施設でトコトン技術を追求していくも良し、飽きたら施設を変えて色んなフィットネスを楽しんでみるのもまた良いでしょう。

移り変わりの激しいフィットネス業界で、1つのコンテンツに世間的な飽きが来て終わってしまったとしても、フィットネスを楽しみたいという需要がある限り、供給側はより良く楽しいサービスを考えて提供し続けます。

より魅力的なフィットネスサービスの為にも、運動を楽しんで健康でありたいという気持ちをぜひ大事にしてくださいね。