ダイエットをする前に知っておくべきこと

 年が明けて少し経ちましたが、今年の目標をいくつか定めた人も多いのではないでしょうか。

 

 その中でダイエットやカラダづくり、格好良く言うとボディデザインなんて言われたりすることもありますが、そういった目標を立てた人々がより充実したフィットネスライフを送る為に知っておくべき事を、僕の経験からお伝えします。

 

 体づくりにおいて並々ならぬ情熱を持ち、知識も経験も豊富な人にとってはつまらない考えかもしれないですが、今回はそういった人へも今一度体づくりについて振り返るタイミングを提供できたら万々歳です。

 

 

  綺麗な身体って何?

f:id:zimak:20161212220533j:image

 そもそも綺麗な身体って何なんでしょう。

 ほとんどの人がダイエットを行う際には自分がこうなりたいという理想像がなんとなく頭に浮かんでいることだろうと思います。

 

 

 そのイメージは人によって全く違ったものなのでしょうか。

 おそらく、綺麗な身体と言われて多くの一般的な人がイメージする身体には、多少の個人差はあれどある程度の統一性が出てきます。

 

 つまり、漠然とではありますが綺麗な身体とは客観性をもって測ることができる価値基準が存在するということです。

 

 基準が存在すると、世間的におのずと優劣がついてしまい、スタイルが良い悪いといった概念が出てきます。

 そうすると多数の人がイメージする綺麗な身体が、あたかも全ての人にとって理想的なものでなければならないような空気感が漂い始めます。

 

 ただ、本来綺麗な身体とは各々が思い描く理想のイメージであり、人によって多様性があるものです。

 

・脂肪がなく引き締まった圧倒的な筋肉量の身体

・どんな洋服も着こなせる細身の身体

・大切な人と長く元気に過ごせる機能的な身体

・子供を産んでより女性らしくなった身体

 

 僕の乏しい価値観ではこのぐらいの身体のイメージしかぱぱっと出てこないですが、それぞれの身体で幸せに過ごされている様子が想像できます。

 

 もちろん、健康的にも容姿的にも本人と周囲の人を不幸にしてしまうような身体は立場上オススメはできません。

 

 重要なのは、その身体がポジティブな理由でつくられ、努力や苦労によって出来上がったものであるということです。

 努力や苦労は必須ではありませんが、その過程を経ることによってより大きな自信を得ることが出来るでしょう。

 

 新年でダイエットやカラダづくりを始められる人は今一度自分にとって綺麗な身体とは何なのか、と考えてみるとモチベーションも保ちやすいかもしれませんね。